Fabric使うならwith XXXX():も自分で書きたいよね

pythonなんだしインデントでしょう。という事で。

vi context.py

vi play.py

 

!!

petting

dokodoko

dokodoko

pillow talk

zzz

な感じで出る。

contextmanager 使うとインデント嫌いの皆ももっと楽しめる。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)