apkから抽出したAndroidManifest.xmlを人が読める形式にする方法

な感じで読めるようにできる。

いろいろな事情で自分のapkを見たい時があるよね。

root化したnexus6pをupdateする方法

# nexus6p verup rooted
# supersu download
# http://forum.xda-developers.com/apps/supersu/2014-09-02-supersu-v2-05-t2868133

# supersuを予めおいてく
adb push BETA-SuperSU-v2.67-20160121175247.zip /sdcard/
# bootloaderに再起動
adb reboot bootloader

# download する最新のイメージを。そして解凍する各人のOSのやり方で
https://developers.google.com/android/nexus/images

# dir 移動
cd anger-mmb29q

# userdata消えないようにする
vi flash-all.sh
#fastboot -w update image-angler-mmb29q.zip
#↓ # delete -w(elase userdata option)
#fastboot update image-angler-mmb29q.zip

# update実行
./flash-all.sh

# 終わったら自動で再起動するので、再起動中に以下を連打して再度bootloaderモードに
adb reboot bootloader

# custom recoveryを入れる
https://dl.twrp.me/angler/
fastboot flash recovery twrp-3.0.0-0-angler.img

# ボリューム上下を押して、リカバリに入る。

# supersuを入れる (xposedとかも必要ならここで入れる)

# cache削除

# 再起動 (この際supersu入れるかい?みたいなのを言われるけど do not installを押して入れない)

Let’s Encrypt, nginx, CentOS

 

foltia ANIME LOCKER 録画しても真っ暗 and 再生できない

recpt1の標準出力に

て出ててので、pcscd verupして様子見

意外とめんどくさい

foltia ANIME LOCKER を HP microserver + zfs で動かす

freenas + microserver + pt3 + zfs

という変態環境で録画サーバーを動かしてたが
foltia ANIME LOCKERが安売りしてたのでこれに気に入れ替える。

ICカードは マルチカードリーダーこの安いやつがドライバとか入れずにそのまま使えた

macしかないからmacでイメージとか諸々作る

1. USBでHDDを接続できる奴を使ってmacとhddをつなぐ
2. sudo diskutil unmountDisk /dev/disk2
3. sudo dd if=foltia_ANIME_LOCKER_409.img of=/dev/disk2 bs=4m
4. HDDをmicroserverに挿して起動
5. 必要ならBoot順変えてHDDが起動するようにする
6. 画面にDHCPで割り当てられたIPがでるのでメモ
7. 他のパソコンのブラウザからhttp://メモったIP/につなぐ
8. pt1のドライバ?のページに行く http://hg.honeyplanet.jp/pt1/rev/ec7c87854f2f
9. 左下にあるbz2を押してダウンロード
10. ダウンロードしたpt1-ec7c87854f2f.tar.bz2を選択してアップロード
11. 自動で再起動されるので数分待つ
11. シリアル入力

## 悩んだこととか

1. これでだいたい録画諸々できるようになったが、視聴(Live)機能だけ動かない
2. hddが何台か認識しなかったがガチャガチャやったら認識できた

Xperia Z3 Compact SO-02G を 5.1 (23.4.A.0.546) に上げた rootedもしたよ

Screenshot_2015-07-22-16-51-34

 

Screenshot_2015-07-22-16-56-00

http://forum.android.com.pl/topic/240202-lollipop511234a0546-nordic-combined-root-super-su-246-i-recovery-2821/

このポーランドのサイトからダウンロードしたromで特に問題なくinstallできた

最初からroot入ってるので楽。一応変なプロセスがないかとか見たがきっとだいじょうぶだと思うけど野良ロムなので

前提条件

1. すでにrootになれるようになっておく (なれればどのバージョンでも行けるはず)

作業手順

1. http://nut.xperia-files.com/ ここから最新の Z3C-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.installer.zipをダウンロード (他のサイトで紹介されてるのだとlolipopだと?動かない)

2. 事前にこれをしておいてsystemを rwにしておく adb shell && su && mount -o rw,remount /system

3. Z3C-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.installer.zipを解凍して./install.sh 実行

4. twrp上がってくるのでcache関係をwipeする

5. 一番うえのurlからD5803_Customized NCB_1288-5411_23.4.A.0.546_R14C.zipをdownloadしてsd cardとかに入れる

6. sd cardを端末に入れて、twrpからD5803_Customized NCB_1288-5411_23.4.A.0.546_R14C.zip をinstall

7. 起動してくるので終了。 nfc関連でなんかエラーでるが待てば特に大丈夫。

ocn simから無事つながることも確認した。

ただ何が変わったかは不明。

xperia z3 compact lollipopで無効にしたapp一覧

 

Docomo版 Xperia Z3 Compact (SO-02G)でLollipop and Rooted

https://mega.co.nz/#F!5JRBgDaY%21o5gqM8qVj6zkvMzFP9bvsA

ここのサイトの

Sony Xperia Z3 compact D5803/D5883

D5803_23.1.A.0.690_Generic_NCB-Root-XZDR2.8.3-SuperSU.zipをダウンロード

あとは普通のroot手順

D5803_23.2.A.2.93_Generic_GLOBAL.ftf焼いて

gierootv3当てて

lockeddualrecovery 3当てて

D5803_23.1.A.0.690_Generic_NCB-Root-XZDR2.8.3-SuperSU.zip焼いて

cacheとか全wipeするだけ

rooted writable image公開してくれるおじさんに感謝

jenkinsにgit plugin入れたら起動しなくなた

こんなんが出て起動しなくなった

git pluginと同時に入る

matrix-projet 1.4.1

に問題がるようで

/var/lib/jenkins/modules

rm -rf matrix-projet*

して

wget http://updates.jenkins-ci.org/download/plugins/matrix-project/1.4/matrix-project.hpi

して

/etc/init.d/jenkins restart

すれば治る。